• 標準製品
  • 仕様リスト

機器選定ガイド

●機器選定ガイド
回転体テレメータは、送信機・電源(主に電池・誘導給電装置の受電コイル/整流器)は、
回転側に設置されるので、回転側の設置環境に耐えられる構造が必要になります。
考慮すべき設置環境要素
遠心加速度 回転数・取付位置(中心位置からの距離等)を考慮し、回転体取付に際する、構造解析を行い、最適な構造・取付方を提案します。
使用環境温度 実際の使用温度環境を模擬し納入前に動作確認を行います。
振動 最大35Gの振動試験した実績があります。
耐油 そのまま使用できます。
●用途別システム構成例
軸(シャフト)トルク測定構成例
軸径がΦ80を超えない場合
 WTR-61S × 1
 WTR-70R × 1
 WTR-B2 × 1
 WTR-EXT-5m × 1
軸径がΦ80を超える場合
 WTR-61S-D × 1
 WTR-71R × 1
 WTR-B2 × 1
 WTR-EXT-5m × 2
歯車機械内部の温度測定構成例
金属ケース内設置の場合(円盤径Φ150)
 WTR-62T × 1
 WTR-70R × 1
 WTR-B5S × 1
 WTR-ANT2-1m × 1
●回転機械へのステンレスバンドによる設置例
回転する機械に送信機・電池ボックスを設置する場合は、設置環境(遠心G・使用温度)を考慮して固定方法を検討してください。
当社では、比較的遠心加速度が少ない(例えば2000G以下)計測用途に向けて、ステンレスバンドを用いた固定に使える金具等も準備しています。
実際の設置に関しては設置環境を考慮の上、ユーザー殿責任で実施してください。 回転機械へのステンレスバンドによる設置図
  • 標準製品
  • 仕様リスト
標準製品の紹介
  • 資料請求フォーム
  • お問合せフォーム
  • もっと無線を飛ばしたい方、距離が足りない方などは・・・弊社の「無線応用計測器」をオススメします!